オンライン カジノ
バカラ 必勝法
By Pokemon25 | | 0 Comments |
期待させて、バカラカジノプレイに関してあまり知られていない秘密や戦略があることをお教えするのではなく、バカラでは、ハウスエッジをうまく下げるために利用できるカード戦略はないということを今ここでお伝えしておきます。いくつかの点ではブラックジャックに似ているゲームかも知れませんが、カードカウンティングの努力をする価値すらありません。「何かしないと」と言い張るなら、ハウスエッジが低い方なので、プレーヤーの持ち札ではなくバンカーの持ち札に賭けることができます。プレーヤーの持ち札は1.36%のカジノエッジ、一方でバンカーの持ち札は実際にはそれ自体は1.36%のプレーヤーエッジです。バンカーの持ち札には5%のコミッションが追加されるので、カジノではこれは明らかに有利な状況ではありません。たとえそうでも、カジノエッジはわずか1.17%です。実際には14%以上のカジノエッジがあるタイ(引き分け)に賭けなければ、エッジをもっと下げることができます。8:1で支払うので、タイベットは心をそそるでしょう。ですが、タイベットの際の正確なオッズは9.5 : 1なのでこれは危険のある賭けになります。 数字で進める場合には、バンカーの持ち札に賭けることが最適です。短期間行っているだけなら、それに毎回賭けるかどうかは重要ではありません。長期的にテーブルにいる計画であれば、いつもバンカーの持ち札に賭けた方が有利でしょう。他にできることは幸運を願うこと、そして責任あるバカラカジノギャンブラーであるということだけです。これにはすべての賭け、つまり利益と損失を追跡し続けることが必要です。大抵の現地カジノは、方眼紙の小さなパッド(スコアカードを呼ばれるもの)とペンと提供します。プレーヤーはこれを使って進行状況を追跡し続けることができます。進行状況のセオリーの裏には持ち札の結果パターンを基本的に予測しようとする数学的基礎はありませんが、バカラプレーヤーの中にはそれを信じている人もいます。 その選択をするなら、オンラインカジノでギャンブルをする時も同じように実行することができます。スクラップ紙にできるだけ多くの縦列と交差する横列を描くだけです。マークする一番簡単な方法は、同時に縦2列を取り、バンカーの持ち札が勝つ時にはBの文字でひとつマークし、プレーヤーの持ち札が勝つ時にはPの文字でもうひとつをマークすることです。両者の持ち札で勝利が1度以上交互になるまで、この縦2列を書き留めて行きます。例えば、バンカーの持ち札が続けて2度勝った場合には、最初の列の縦の四角に2つ続けてマークを入れます。ここで、3度目にプレーヤーが勝つ場合には、2列目の3番目のブロックにPとマークします。ですが、勝利の持ち札がバンカーに戻った場合には、別のプレーヤーの持ち札の進行状況をマークするために、隣にある空欄の列を使って、新しい列の一番上にBとマークします。ほとんどのプレーヤーが、カード自体のスポッティングパターンにはこの方法を用いないことを勧めています。 また、止め時には注意しましょう。構造とルールがとてもシンプルなので、プレーヤーはバカラが勝ちやすいゲームだと思いがちです。ですが、確立の法則が考慮に入らず、どちらにしても持ち札の結果をまったく保証しません。